米国政府公認ドクターオブカイロプラクティック(D.C.)とは

現在カイロプラクティックの法制化がされていない日本。

日本で学ばれた素晴らしい先生方も沢山いる一方、法整備が進まないことにより乱立の感も否めません。実際にアメリカのカイロプラクティック大学(人体解剖やレントゲンなど医学部並みの単位が必要)を卒業して帰国した日本人ドクターは現在全国で約100名。これに対し、ここ日本でカイロプラクティックを行う施術者は2万人以上存在します。

当院の院長、碓田拓磨はアイオワ州パーマーカイロプラクティック大学を卒業し、ドクターオブカイロプラクティック(D.C.)の学位を保持しているため、体系的な理論と技術にもとづいた施術を行うことが可能です。

ドクターオブカイロプラクティック(D.C.)の受講カリキュラム

参考までに、ドクターオブカイロプラクティック(D.C.)が受講したカリキュラムをご紹介いたします。

概要

Chiropractic History and Philosophy(カイロプラクティックの歴史と哲学)
Taking a Patient’s History(患者の歴史を撮る)
Physical Examination(身体検査)
Neuromusculoskeletal Examination(神経筋骨格検査)
Psychosocial Assessment(心理社会的評価)
Diagnostic Studies(診断研究)
Diagnosis/Clinical Impression(診断/臨床印象)
Case Management(ケースマネジメント)
Adjusting the Patient(患者の調整)
Emergency Care(緊急ケア)
Case Follow-up and Review(ケースフォローアップとレビュー)
Record Keeping(記録の保存)
Doctor-Patient Relationship(医者 – 患者関係)
Professional Issues(プロフェッショナル問題)
Public Health and Wellness(公衆衛生とウェルネス)
Ethics and Integrity(倫理と誠実さ)
Non-adjustive Therapeutic Procedures(非調整治療手技)
Nutrition(栄養)
Patient Education(患者教育)
Business Management(ビジネス管理)
Information Literacy(情報リテラシー)

詳細

Anatomy(解剖学)

Gross Anatomy I(肉体解剖I)
Neuroanatomy I(神経解剖I)
Embryology(発生学)
Gross Anatomy II(グロス解剖II)
Spinal Anatomy(脊髄解剖学)
Neuroanatomy II(神経解剖II)
Organ Histology(臓器組織学)
Life Science Review(ライフサイエンスレビュー)

Chiropractic Business and Practice Management(カイロプラクティック・ビジネスとプラクティス・マネジメント)

Rights & Responsibilities(権利と責任)
Financial Management(財務管理)
Legal Issues(法的問題)
Practice Management(練習管理)
Regulatory Issues(規制上の問題)
Planning for Practice Success(練習成功のための計画)

Clinic(診療所)

Intro to Clinical Practice(臨床実践入門)
Emergency Procedures(緊急時の対応)
Clinical Methods(臨床的方法)
Clinical Case Correlations I(臨床事例の相関関係I)
Clinic I(クリニックI)
OSCE-Clinical(OSCE-臨床)
OSCE-Radiology(OSCE-放射線学)
Clinical Case Correlations II(臨床事例の相関関係II)
Clinic II(クリニックII)
Clinical Case Correlations III(臨床事例の相関関係III)
Clinic III(クリニックIII)

Diagnosis(診断)

Physical Diagnosis I(物理的診断I)
NMS Diagnosis I(NMS診断I)
Physical Diagnosis II(物理的診断II)
Male-Female Health(男性 – 女性の健康)
Geriatrics(老人学)
NMS Diagnosis II(NMS診断II)
Obstetrics/Pediatrics(産科/小児科)
Visceral Disorders/Lab Interpretation(内臓障害/ラボの解釈)
Clinical Psychology(臨床心理学)
Differential Diagnosis(微分診断)
Geriatrics(老人学)

Rehabilitation(リハビリ)

Physiotherapy I: Passive Care(理学療法I:受動的ケア)
Physiotherapy II: Active Care(理学療法II:アクティブケア)
Physiotherapy Elective(理学療法の選択)

Pathology(病理学)

General Pathology(一般病理)
Immunology(免疫学)
Microbiology(微生物学)
Systems Pathology I(システム病理I)
Public Health(公衆衛生)
Systems Pathology II(システム病理II)
Toxicology(毒物学)

Philosophy(哲学)

Philosophy I(哲学I)
Philosophy II(哲学II)
Philosophy III(哲学III)
Philosophy IV(哲学IV)
Philosophy V(哲学V)
Philosophy VI(哲学VI)

Physiology and Biochemistry(生理学と生化学)

Biochemistry I(生化学I)
Cellular Physiology(細胞生理学)
Physiology I(生理学I)
Biochemistry II(生化学II)
Physiology II(生理学II)
CVP Physiology(CVP生理学)
Neurophysiology III(神経生理III)
Endocrinology(内分泌学)
Physiology III(生理学III)
Nutrition(栄養)
Renal Physiology(腎生理学)
Biomechanics(バイオメカニクス)
Clinical Nutrition(臨床栄養)

Radiology(放射線科)

Radiographic Physics(ラジオグラフィー物理学)
Diagnostic Imaging I(診断画像I)
Radiology III(放射線科III)
Diagnostic Imaging II(診断イメージングII)
Radiographic Positioning-Spine(ラジオグラフィックポジショニング – 背骨)
Radiographic Positioning-Extremities(ラジオグラフィーの位置づけ – 四肢)
Imaging: Chest & Abdomen(イメージング:胸部&腹部)
Special Topics(特別なトピック)

Research(研究)

Fnd of Evidence Based Clinical Practice(証拠ベース臨床実践のFnd)
Evidence Based Chiropractic(証拠ベースのカイロプラクティック)

Clinical Enrichment(臨床増強)

※選択科目につき一部を受講
Logan Basic(Logan Basic)
Advanced Soft Tissue(高度な軟組織)
Flexion Distraction Technique(屈曲伸延技法)
Thompson Technique(トンプソンのテクニック)
Activator Technique(アクティベーターテクニック)
NUCCA Technique(NUCCAテクニック)
SOT I Technique(SOT Iテクニック)
SOT II Technique(SOT IIテクニック)
Pettibon Technique(ペティボン技法)
Atlas Orthogonal Technique(アトラス直交テクニック)
Blair Technique(ブレアテクニック)
McKenzie MDT – Part A(マッケンジーMDT – パートA)
McKenzie MDT – Part B(マッケンジーMDT – パートB)
Multidisciplinary Environments(学際的な環境)

Technique(技術)

Palpation(触診)
Subluxation Analysis(亜脱臼分析)
Toggle Recoil(ターグルリコイル)
Cervical Technique(頚椎技法)
Thoracolumbar Technique(胸腰部法)
Pelvic Technique(骨盤テクニック)
Technique Principles & Practice(テクニックの原則と実践)
Extremity Adjusting(四肢の調整)