腰痛・肩こり・姿勢改善は虎ノ門カイロプラクティック院
当院のご案内 施術のご案内 料金 ご予約 提携医療機関 先生紹介 アクセス
WEB予約はこちら! - 24時間いつでもご予約
ZAGOO ご購入はこちら
元気姿勢体操講座のご案内
脱ネコゼ計画 キャットレッチ
碓田DCの元気が出るブログ
虎ノ門カイロのメディア情報
2017.10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カレンダーの  が休診日となります。

営業時間
平日:10:00〜20:00
土曜:10:00〜13:00
休診:日祝日、木曜日
受付は終了の30分前まで可能
 
お問合せ
  • 東京都港区虎ノ門1-15-11 林ビル8F
    ※エレベーター完備

  • tel.03-3591-8114
  • ※虎ノ門カイロではメールでのご予約は現在お受けしていません。ご予約の際はお電話にてご予約下さい。
Information
RSS1.0
RSS2.0
ATOM0.3
当サイトはMacromediaFlash(無料)を利用しています
当サイトはAcrobatReader(無料)を利用しています
腰痛、肩こり、姿勢の虎ノ門カイロプラクティック院
  • 虎ノ門カイロにリンクして頂けるサイト様、大歓迎です。
症状別Q&A
症状別Q&A
Question
肩こり
  長時間のデスクワーク。終わらない書類整理。昨今増加したパソコンでの作業。ふと気づけば疲きった首筋にどっと「重み」を感じませんか?
Answer
姿勢に自信はありますか?
  皆さんの体は凝りたくて凝っているのではなく、「凝る」原因があるからこそ凝るのです。その原因を解決しない限り、肩こりとのお付き合いは一生涯続くでしょう。逆に言えば原因を解決すれば、肩こりは改善できるのです。

  肩こりの原因は、頭の重さを支える筋肉の疲労が原因です。対策としては、頭の重さを筋肉ではなく骨(背骨)で支え、血行を良くすることに尽きます。それには、姿勢改善がとても重要であると申し上げておきます。姿勢改善をしようにも動きにくくなってしまった関節はそう簡単に伸びてはくれません。そこでカイロプラクティックの技術で動きの悪くなった関節(特に、首から背中にかけての背骨)の動きを良くして「背骨を伸ばしやすく」します。さらに、ストレッチで「悪い姿勢のクセ」を変えて「いい姿勢が取りやすい体」にしていきます。

  なお、当院はマッサージではありません。虎ノ門カイロプラクティック院では、まず患者さんの姿勢分析から丁寧に行なっていきます。皆様の肩こりがどうしたら改善されるのか、姿勢習慣や座り方のアドバイスなどもしていきます。
Question
腰痛
  オフィスでは長時間同じ姿勢でいることを強いられることが多いのではないでしょうか?お仕事に集中するあまり、時間を忘れて業務に没頭。ふと気づけば終電間際。さぁ帰ろうかとのびをすると・・・

腰の辺りが「いたたたた。」

そんな時、あなたの背骨は悲鳴をあげているのかもしれません。
Answer
「痛くなったら来てください」では遅いのです
  今回も肩こり同様、皆さんの腰は「痛みたくて痛んでいるのではない」という事です。腰痛の原因は「腰への負担」です。腰への負担は何もゴルフをしたり、引越しで重い荷物を持った時だけにかかるものではありません。もっと日常的な負担です。左右のバランスを崩した座り方や、丸まった姿勢や前傾姿勢でデスクワークを続けたりといった日常の姿勢が腰にジワジワと疲労をためていってしまうのです。

  中腰で30分もいたら私だって腰が痛くなります。5分でもキツイでしょう。これは中腰が腰にとってものすごい負担になるからです。結局、腰痛もこれと同じです。程度の差こそあれ、腰にとって負担をかければいつかはガマンの限界が来るのです。ですから、痛みが出た時に原因があるのではなく、以前からの蓄積が限界点に達したとお考え下さい。

  カイロプラクティックはその限界が来る前に、負荷を軽減するという意味でも優れた療法です。病院では「痛くなったら来てください」と言われてしまいますから。

腰痛の方には

  1. 背骨の問題点、姿勢の問題点を分析し、腰への負荷の原因を探っていきます。思いもかけない生活習慣が腰痛の原因になっていることも珍しくないんです。
  2. 分析結果を元に、カイロプラクティック療法で背骨の問題点を改善すべく施術します。

ただし、どんなに施術が上手くいっても、皆さんが腰に負担をかけてしまっては台無しになってしまいます。そこで、

  1. 日常心がけていただきたい姿勢やしてはいけない姿勢、ストレッチ等、患者さんそれぞれに合ったカウンセリングを行います。

  腰への負担を減らすことで「腰痛になりにくい人」を目指しましょう。
戻る
戻る



TopPage TopPage