腰痛・肩こり・姿勢改善は虎ノ門カイロプラクティック院
当院のご案内 施術のご案内 料金 ご予約 提携医療機関 先生紹介 アクセス
WEB予約はこちら! - 24時間いつでもご予約
ZAGOO ご購入はこちら
元気姿勢体操講座のご案内
脱ネコゼ計画 キャットレッチ
碓田DCの元気が出るブログ
虎ノ門カイロのメディア情報
2017.10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カレンダーの  が休診日となります。

営業時間
平日:10:00〜20:00
土曜:10:00〜13:00
休診:日祝日、木曜日
受付は終了の30分前まで可能
 
お問合せ
  • 東京都港区虎ノ門1-15-11 林ビル8F
    ※エレベーター完備

  • tel.03-3591-8114
  • ※虎ノ門カイロではメールでのご予約は現在お受けしていません。ご予約の際はお電話にてご予約下さい。
Information
RSS1.0
RSS2.0
ATOM0.3
当サイトはMacromediaFlash(無料)を利用しています
当サイトはAcrobatReader(無料)を利用しています
腰痛、肩こり、姿勢の虎ノ門カイロプラクティック院
  • 虎ノ門カイロにリンクして頂けるサイト様、大歓迎です。
スタッフブログ STAFFBLOG

初日が「ある」か「ない」か


 
新年度が始まったのである。


先週木曜は学校で「姿勢と健康」がスタートした。
もう僕が教え始めて8年目になる。
先代の甲木(かつき)先生の時代から数えると、ナント30年目だ。


今年から授業の日程が早まった結果、初回授業は本題に入るのではなく、オリエンテーション的な内容にしてくださいという要望が学校側からあった。


ウエルカムである。
昨年度まで、時間が足りなかったので初回から本題に入っていたわけだが、今回はオリエンテーションを含め、昨年度より2回分の余裕ができた。


水曜の夜は、大学のどんな授業より充実したオリエンテーションにしてやろうと深夜まで徹底的に内容を練り上げた。


頭に置いたのは、受講生に「必ず姿勢のいい人になってもらいたい」という強い希望だ。
当然のことだが「姿勢と健康」の受講生は、「姿勢を良くしたい」と思って受講したはずである。
だとしたら、その期待に応えるための「こちら側の姿勢」を見せなくてはならない。


授業では、いわゆる「オリエンテーション」的なことの他に、僕の「姿勢と健康」に対する思いを伝えた。
この講座が生まれたストーリーや僕がこの講座を取るに至った経緯、姿勢教育が将来どうなっていくべきかなどである。


受講生は真剣な眼差しで応えてくれた。本題には入らなかったが、早速「キャットレッチ」は授業中に実践した。
これも、「必ず姿勢のいい人」になってもらいたいからである。
キャットレッチを次週に回すということは、猫背矯正が1週間遅れるということになるのだ。


◆◆◆


昨日の日曜は、僕が講師を務める「姿勢教育塾」の第7期の初回授業があった。
姿勢教育塾で「姿勢教育指導士」を養成するのである。


姿勢のことを学べば学ぶほど「どうしてこんなに大切なことが知られていないんだろう?」という疑問や「もどかしさ」を強く感じる。
「姿勢」が原因で起こっている体の不快症状(分かりやすく言えば「痛み」「コリ」「シビレ」「だるさ・張り・重さ」など)に対して、どれ程「見当違い」な対策を取っている人が多いことだろう。


「姿勢の悪さ」が原因の症状は「薬」が効かないのである。
当たり前のことだが、「姿勢」は「薬」で直らないからだ。


「姿勢を良くしましょう」と言っただけで、人の姿勢が良くなるなら苦労はいらない。
「性格を良くしましょう」と言っただけで、人の性格を変えられないのと同じだ。


みんな「そりゃ、悪いより良いに越したことはない」ということくらい知っているのだ。


それが変わらない大きな理由は以下の3つだろう。
(僂┐襯瓮螢奪箸分からない(変えないデメリットが分からない)=変えなくても困らない
△匹Δ笋辰燭虔僂錣襪里分からない(方法を教えてくれる人がいない)
4櫃泙辰討い詈が「楽」


この3つの理由を解決する答えを姿勢教育塾では用意している。
そしてそれを「指導」できるまでになってもらうのだ。
今回「姿勢教育塾」を受講してくれた皆さんにも、日本の「健康」を変えるつもりで活躍してほしいと願っている。


という訳で、先週は様々な「初日」があった。


当たり前のことだが、どんなことにも「初日」がある。


全てに。


どんなに親しい人であっても、その人に初めて会った日があるから今があるのだ。
それが奥さんや旦那さんや親友であったとしても。
セッティングされたものであっても、偶然であっても。


例えば、10年(20年、30年)続いている人間関係でも、必ず「初日」は存在しているのだ。
その間、様々な影響をお互いに与えながら成長してきたとしたら、その成長の「種」は「初日」にあったということになる。


僕も「姿勢と健康」を受講した19年前の「初日」があったのだ。


この「初日」がその後の僕の運命を大きく変えることになった。
当時はこんなことになろうとは夢にも思わなかったけれど。


「初日」が、あるか。ないか。


なのだ。


碓田
— 腰痛、肩こり、姿勢改善は虎ノ門カイロプラクティック院 − 虎ノ門カイロ
2009年4月13日 12:53PM

戻る
戻る



TopPage TopPage