腰痛・肩こり・姿勢改善は虎ノ門カイロプラクティック院
当院のご案内 施術のご案内 料金 ご予約 提携医療機関 先生紹介 アクセス
WEB予約はこちら! - 24時間いつでもご予約
元気姿勢体操講座のご案内
脱ネコゼ計画 キャットレッチ
碓田DCの元気が出るブログ
虎ノ門カイロのメディア情報
2017.06
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カレンダーの  が休診日となります。

営業時間
平日:10:00〜20:00
土曜:10:00〜13:00
休診:日祝日、木曜日
受付は終了の30分前まで可能
 
お問合せ
  • 東京都港区虎ノ門1-15-11 林ビル8F
    ※エレベーター完備

  • tel.03-3591-8114
  • ※虎ノ門カイロではメールでのご予約は現在お受けしていません。ご予約の際はお電話にてご予約下さい。
Information
RSS1.0
RSS2.0
ATOM0.3
当サイトはMacromediaFlash(無料)を利用しています
当サイトはAcrobatReader(無料)を利用しています
腰痛、肩こり、姿勢の虎ノ門カイロプラクティック院
  • 虎ノ門カイロにリンクして頂けるサイト様、大歓迎です。
スタッフブログ STAFFBLOG

これから


 
ユーロ2008のグループリーグC組、イタリア対フランスの決戦がある。


このイタリア、フランスが属するグループは、死のグループと言われていた。
イタリアとフランスが同じグループにいるのも凄いが、他に強豪オランダと、ルーマニアがいるためだ。
各グループ4チーム中、上位2チームが決勝トーナメントに進む。


オランダは様々な国際大会で優勝候補に挙げられるも、何度も苦杯をなめてきた国である。
その攻撃的なチームカラーは、国外にもファンが多く、実際僕も好きな国の一つである。


その死のグループの中で、オランダがイタリアを3−0。フランスを4−1と撃破し、早々とグループリーグ突破を決めた。
さらに、フランスとイタリアに対し、格下と見られていたルーマニアが引き分け、フランスとイタリアは窮地に立たされている。


話は前後するが、先日オランダがフランスに勝った日、イタリア対ルーマニア戦のテレビ中継があった。
その試合を僕は観ていたのだが、この試合はフランス対オランダに先立って行われたこともあり、イタリアは決勝トーナメントに進むには「勝つしかない」と言われていた。


経験や実力など総合的に考えるとイタリア有利だと思われていたが、そこはサッカー、先制点を取ったのはルーマニアの10番を背負うムトゥだった。
でも、ルーマニアの先制点も束の間、その1分後にイタリアが意地で同点に追いついた。


ちなみに、もしこの試合にイタリアが負けるようなことがあると、グループリーグ突破の可能性はほぼ無くなる。
イタリアはなりふり構わず攻めた。入ったと思ったゴールが、惜しくもオフサイドの判定で取り消されたりもした。


でも、イタリアがこのまま終わることはないだろうと思っていた試合の終盤、なんとイタリアがルーマニアにPKを与えてしまった。


このPKを決められたら、イタリアのユーロ2008は終わる。
ちょっと寂しい気もしたが、相手だって必死なのだ。
蹴るのはムトゥ。
イタリアチームを取り巻く「決まらないでくれ」という「祈り」が伝わってくるようだった。


ムトゥは止められた。


イタリアのキーパー、ブッフォンが、ムトゥの蹴ったボールを手に当て、そして足に当て、ゴールを守った。


そして試合は1−1のまま終了。


イタリアチームの落胆も分かるが(この時点でTVのアナウンサーは限りなく赤に近い黄色信号と言っていた)、誰よりも落ち込んでいたのはPKを止められたムトゥだった。
顔色は蒼白になり、頭が真っ白になっている感じがTVの画面を通しても伝わってきた。
ルーマニアは決して負けたわけではない。
それどころか、イタリア、フランスをおさえ、単独2位を確保したのだ。


さて、そして今夜。
オランダは1位通過を決め、どういう戦いをするだろう。
ルーマニアがオランダに勝てば、無条件でオランダとルーマニアが決勝トーナメントに進む。


ルーマニアがオランダに負けた場合、フランスとイタリア戦の勝ったチームが決勝トーナメントに進む。フランスとイタリアが引き分けた場合は、得失点とか総得点とかの争いになる。


さて、オランダだ。
決勝トーナメントを勝ち抜くには、強いチームには残ってもらいたくないはずである。
だとするなら、フランスとイタリアの恨みを買ってでも負けた方がいいのかもしれない(あくまでも、ルーマニアがフランスやイタリアに比べて力が劣るという前提だが)。


でも、決勝トーナメントの組み合わせを考えると、そんな単純なものではないのかもしれない(強いチーム同士で戦って、消耗してくれないかなぁ・・・。なーんて思っているかもしれない)。


いずれにしても、フランスとイタリアは絶対に負けるわけにはいかないのだ。


イタリアvsフランス。


2年前、ドイツワールドカップの決勝戦と同じ。
ジダンが相手チームの選手に頭突きを喰らわせた、例の試合だ。


両チームの真剣勝負。
キックオフは数時間後。


碓田
— 腰痛、肩こり、姿勢改善は虎ノ門カイロプラクティック院 − 虎ノ門カイロ
2008年6月18日 12:25AM

戻る
戻る



TopPage TopPage