腰痛・肩こり・姿勢改善は虎ノ門カイロプラクティック院
当院のご案内 施術のご案内 料金 ご予約 提携医療機関 先生紹介 アクセス
WEB予約はこちら! - 24時間いつでもご予約
元気姿勢体操講座のご案内
脱ネコゼ計画 キャットレッチ
碓田DCの元気が出るブログ
虎ノ門カイロのメディア情報
2017.02
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
カレンダーの  が休診日となります。

営業時間
平日:10:00〜20:00
土曜:10:00〜13:00
休診:日祝日、木曜日
受付は終了の30分前まで可能
 
お問合せ
  • 東京都港区虎ノ門1-15-11 林ビル8F
    ※エレベーター完備

  • tel.03-3591-8114
  • ※虎ノ門カイロではメールでのご予約は現在お受けしていません。ご予約の際はお電話にてご予約下さい。
Information
RSS1.0
RSS2.0
ATOM0.3
当サイトはMacromediaFlash(無料)を利用しています
当サイトはAcrobatReader(無料)を利用しています
腰痛、肩こり、姿勢の虎ノ門カイロプラクティック院
  • 虎ノ門カイロにリンクして頂けるサイト様、大歓迎です。
スタッフブログ STAFFBLOG

今どきの中学生 Part2


 
先週木曜に都内の某区立中学にて「姿勢の大切さ」について話してきた。
彼らにとって「姿勢」を考えるいい機会になったと思うし、僕にとって「いい経験をさせてもらった」ということになる。



彼らは教室で待ち構えていた。
僕が校長先生に連れられて教室に入ると、一斉にこっちを向いた。


ホホウ。こっちも受けて立つゼ、という心境になる。


校長先生から紹介を受けた後、生徒の前に立ち、お辞儀をし、


こんにちわー!!


と挨拶すると、元気のいい、


こんにちわー


が返ってきた。


そうこなくっちゃだ。


まず、自分の姿勢がいいと思うか、悪いと思うか手を挙げてもらうと、ほとんどの生徒は「悪いと思う」に手を挙げた。
でも、姿勢を良くするためにどうしていいのか分らないのが現状だ。
「姿勢を良くしましょう」と言って良くなるくらいなら、僕が出向く必要などないのだ。
改めて小中学校での「姿勢教育」の重要性を再認識させられた次第である。


話に対する反応はとってもストレートだった。注意を払ったつもりでも、分かりづらい話には「退屈でーす」というリアクションをする生徒もいる。(当然である。生徒に罪はない。)
そうかと思うと、水を打ったように聞いてくれる場面もあった。


イチイチ冷やかしの言葉を浴びせてくる生徒がいたが、昔の自分を見ているようで可笑しかった。


最後に背すじを伸ばすための体操を5回ほど一緒にやった。
この体操で、頭を後ろに倒して3秒数える動作がある。
そこで、僕が1、2、3と数えると、生徒も1、2、3と数えてくれた。


ところが、1、2、3、の後に、「ダーッ!!」とアントニオ猪木風に叫ぶ生徒がいた。
次の回からは「ダーッ!!」の声が増していき、最後はまるで最初から「ダーッ!!」と言うことになっている体操のようになってしまった。


これにはシビレた。


碓田
— 腰痛、肩こり、姿勢改善は虎ノ門カイロプラクティック院 − 虎ノ門カイロ
2007年12月24日 09:27AM

戻る
戻る



TopPage TopPage