腰痛・肩こり・姿勢改善は虎ノ門カイロプラクティック院
当院のご案内 施術のご案内 料金 ご予約 提携医療機関 先生紹介 アクセス
WEB予約はこちら! - 24時間いつでもご予約
ZAGOO ご購入はこちら
元気姿勢体操講座のご案内
脱ネコゼ計画 キャットレッチ
碓田DCの元気が出るブログ
虎ノ門カイロのメディア情報
2017.10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カレンダーの  が休診日となります。

営業時間
平日:10:00〜20:00
土曜:10:00〜13:00
休診:日祝日、木曜日
受付は終了の30分前まで可能
 
お問合せ
  • 東京都港区虎ノ門1-15-11 林ビル8F
    ※エレベーター完備

  • tel.03-3591-8114
  • ※虎ノ門カイロではメールでのご予約は現在お受けしていません。ご予約の際はお電話にてご予約下さい。
Information
RSS1.0
RSS2.0
ATOM0.3
当サイトはMacromediaFlash(無料)を利用しています
当サイトはAcrobatReader(無料)を利用しています
腰痛、肩こり、姿勢の虎ノ門カイロプラクティック院
  • 虎ノ門カイロにリンクして頂けるサイト様、大歓迎です。
スタッフブログ STAFFBLOG

エアロビクス


 
昨日、お昼前にスポーツジムに行った。
休日の午前中ということもあって比較的空いていた。
日によっては埋まってしまっている、ランニングマシン(トレッドミルとも言う。ベルトコンベアの上を走るような機械)も誰も使っていなかった。
こりゃ時間も気にせずゆっくり使えるなと思って走っていると、「5分後にスタジオでビギナー用のエアロビクス教室を開きます。フルってご参加ください」とアナウンスがあった。
これをお読みの方はエアロビをやったことがあるだろうか?
あったとして、初めてのときというのは難しいステップになってくるとついていけなかったハズである。
僕は約10年前にスポーツジムの「1日無料体験クーポン」を使って、1度だけエアロビクスをやったことがある。
10年前の事でもはっきり覚えているのが、鏡に映ったエアロビをする自分の姿を見て、拷問のような恥ずかしさを味わったことである。
喩えが古くて申し訳ないが、昔(30年以上前)「おはよう子供ショー」とか「ピンポンパン」という子供向けのテレビ番組があった。
この番組には小学校に上がる前の子供(幼稚園児や保育園児)が参加するわけだが、みんなで音楽にあわせてダンスをする場面になると、必ずワケが分からずみんなと違うことを始めてしまう子供がテレビに映っていたものだ。
エアロビを初めてやった時に鏡に写っていた自分の姿は、正にそのワケの分かっていない子供そのものだった。もう見ていられないのだ。
ところが、壁一面が鏡で目の前に大写しになっているのだから見ない訳にもいかない。
相当に打ちひしがれた。しばらくその恥ずかしい自分の姿が目に焼きついていて、立ち直るまで暫らくかかった。
その時以来、もう二度とエアロビをすることは無いと思っていた。


ところが、昨日は「ビギナー向け」という言葉に誘われて、魔がさしてしまった。
「ビギナー向け」だから今回はイケルような気がしてしまったのだ。


大間違いだった。
良かったのは最初だけ。「お、さすがビギナー。今日はイケルかも」と思ったのもつかの間、ステップの組み合わせが連続してくると、また「ワケが分かっていない園児」に戻ってしまった。


ただし、今回は前回と大きく違う点があった。
絶対に鏡を見ないようにしたことである。
メデゥーサと目を合わせなかったペルセウスのように、ひたすら鏡に映った自分を見ないようにした。


プログラムが終わると、インストラクターが僕に「最初は誰でもパニックになっちゃうんだから心配しないで。覚えちゃえば平気よ。」となぐさめてくれた。


やっぱり酷かったんだ・・・。


でも、今回は10年前と違って再度チャレンジをしてみようという気になっている。
それは「鏡を見なかったから」という一言に尽きる。


結論。
良いか悪いかは別として、人はどんなに恥ずかしいことになっていても、気付かなければ恥ずかしくないのだ。
ただエアロビに関して言えば、本人が恥ずかしいと思っている程には、他人は気にしていないんだけどね。きっと。


碓田
— 腰痛、肩こり、姿勢改善は虎ノ門カイロプラクティック院 − 虎ノ門カイロ
2006年12月18日 02:36PM

戻る
戻る



TopPage TopPage